セゾンカードの審査基準難易度とは!?

af0100037775

セゾンカードの審査難易度についてここでは書いてみたいと思います。
申し込みの資格は18歳以上で高校生以外、電話連絡が付く人で、カード引き落とし用の口座を金融機関に持っている人となっていて、これに該当しなければ審査落ちとなってしまうので注意したいところ。
肝心の審査基準はと言いますと、どのクレジット会社も公開していませんし、審査にどうして落ちたのかを聞いてもまず回答してはもらえません。
ですが、審査に落ちやすい人の特徴とか、審査に通りやすい人の特徴を見てみますと、ある一定の法則があるのに気付きましたので、ここでそれ解説してみたいと思います。
まず審査の際にはクレジットカード会社ではスコアリングと呼ぶ申し込み者の属性を点数づけする事になっています。
例えばですが、持ち家なら20点、賃貸なら12点などといったセゾン独自の点数の付け方により、ボーダーに乗るかどうかを判断します。
本人属性に問題がある人というのは勤続年数が1年未満、年収が200万円以下、居住年数が1年未満などの場合で、属性を改善する必要が出てきます。
なお、クレジットカードの最大のメリットは現金が今なくても後で決済できるという事なので、そんな事当たりまえだと言われそうですが、よく考えてみて欲しいのです。
この事を裏返しにしますと、クレジットカードとは担保を取らずにカードユーザーの利用代金を立て替えているという事ですよね。
つまり、立て替えてあげても貸し倒れのリスクがあるような人に、カードを発行する事はあり得ないという事なのです、
ですので、信用力を上げるためには属性をちょっとずつでいいので改善していくしなかないのです。
正社員であったら勤続年数に比例し、給与も増えていく可能性があるのですが、アルバイトの場合には属性の改善が難しくなってきます。
審査基準の低いカードを使って毎月ちゃんと返済を確実に行い、信用力を高めた後でまたチャレンジするのをオススメします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。