カードの種類によって必要年収が大きく変わる

af9980011608

セゾンカードは一般カードだけではなく、ゴールドカードやプラチナカード、更にブラックカードが用意されています。ランクが上がるにつれて必要な年収は多くなり、ある程度の金額が無ければ発行することはできません。一般カードとゴールドカードにも結構な差があるものの、それ以上にプラチナカードとブラックカードは高いハードルとなっています。必要な年収を理解することは、確実にカードを発行するために必要なことです。
一般カードの場合、多くの方が発行出来るようにするため、そこまで年収による制限は行われていません。それでも200万円以上の年収は必要であり、なお且つ安定して収入を得ているような仕事をすることが条件となります。一般カードはそんなに難しいことは無いのですが、ゴールドカードだと400万円くらいの年収が必要で、それよりも下回っている場合はセゾンカードを利用した履歴などを考慮し、支払い能力があれば発行することができます。
これをさらに超えるのがプラチナカードで、1000万円くらいの年収が無いと発行できないことがあります。利用している状況等にも寄りますが、そう簡単に発行できるようなカードではなく、会社側も足りない人への発行をしないように気を付けています。そのためプラチナカードは会社側から発行しないかという話があり、これに同意すれば発行出来るようにしています。ただ発行する際の年収が低かった場合、要望があっても落とされてしまいます。
ブラックカードは更なる年収を必要とします。1000万円でも落とされる可能性があるくらいで、2000万円あれば安泰と言える数字です。センチュリオンカードと呼ばれる一番高いランクを持つカードであり、これも利用者が希望して発行するのではなく、勧誘という形で発行することになります。この方法を利用する場合も、その時点での年収が高くない場合は発行することができません。安定して発行したいなら1500万円近い年収を必要とします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。